小学校

Topics

2016/02/05
ボランティアに感謝

20160204_150602 (1) 2016年2月4日

昨日(4日)は学習発表会のリハーサル。近江兄弟社高校から4人の生徒がボランティアにやってきてくれました。明日(6日)の発表会本番にも参加してくれます。感謝。(米)

次に 4人の感想を紹介します。

私は今回の学習発表会のボランティアのことをとても楽しみにしていました。なぜかというと私が小学校を卒業してから6年がたとうとしています。その間に小学校、または小学生はどのように変わっているのかを見てみたかったからです。そしてその6年という月日の間に私は「小学校の先生になりたい」という夢ができました。このようなことから私は今回ボランティアに参加しました。
実際に、各クラブの発表があり、1~6年生の発表を裏方としてサポートしながら見ていました。どの学年も自分たちで体験したこと、そこから感じたことなどをとても気持ちを込めた演技で発表していて、それを間近で見られてよかったです。
今回小学生のサポートというよい経験をすることができて、より一層「小学校の先生になりたい」という思いが強くなりました。(小川貴一)

 

兄弟社小学校の学習会を初めてみて、完成度の高さに驚きました。一人ひとりが自分の役割をわかり、自ら行動していて、また、自分たちの工夫を織りまぜた発表となっていました。

生き生きと成長する子どもたちの一つの思い出を一緒につくれていれば幸いです。

また、子どもたちの姿を近くでみることで、これからの自分の学びや活動に活かすことができたらと思います。

私たちを受け入れてくださった近江兄弟社小学校の方々、小学校のボランティアの方、そして私たちを笑顔で迎えてくれた子どもたち、全ての人に感謝しています。(田中ひかる)

 

学習発表会のリハーサルを見て、一人ひとりが自分の役割を一生懸命にやりきろうとしているのが伝わってきました。そして隣にいる友だちと息を合わせようとお互いに顔を見合って頑張っている子が何人もいました。

この姿を見て心から感動しました。

本番では落ち着いて練習の頑張りを出し切ってほしいと思います。

私はこの発表会が全員の良い思い出となるように全力でサポートしていきたいと思います。(田畠早絵)

 

先日はこども園でボランティアをさせていただいたので、たった数年でこんなにも成長するんだな、と驚きました。小学生でも自分たちで色々なことができて、演技も裏方もしっかりとやっていて、すごいなと思います。

小学生と交流できる機会は少ないので、とても良い経験をさせていただきました。また、今まであまり関わることのなかったボランティアのメンバーとも仲良くなれて楽しかったです。

これからもこういう機会は大切にしていき、そんな経験を将来に活かせていきたいです。

ありがとうございました。(吉井美花)

ページトップへ