中学校

色々な学び

2020/07/02
Mentimeterで意見を集めてクラス通信の名前を決定

iPadを利用する一つの利点は、生徒たちの意見を回収すること、共有することが容易になるということです。

1年生の一つのクラスでは、クラス目標を作る時に、Mentimeterを利用しました。
Mentimeterは、問題やクイズをポイント制で実施することができ、授業中の小テストや振り返りに有益に使うことができます。そして、もう一つの特徴として、意見を集約するという機能があります。
クラスでは、クラス通信の名前を作る時に、生徒たちから候補の言葉をテキストで提出してもらいました。意見が集まるとMentimeterによりそれらがまとめられ、ワードクラウドとして提示されます。
たくさんの言葉が集まり、その中かで多くの生徒が使った言葉、smileがクラス通信のタイトルと決まりました。

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
ページトップへ