受験生サイト

高等学校

Topics

2015/06/03
花の日礼拝

150603

6月3日(水)、近江八幡市文化会館で花の日礼拝を守りました。
あいにくの雨でしたが、たくさんの生徒が花を持ってきてくれたので会場が花につつまれました。礼拝はハンドベルの前奏による黙祷で始まり、「さくらさくら」のハンドベル演奏、花の日礼拝ではいつも歌う讃美歌「ちいさなかごに」を全員で歌いました。聖歌隊の歌は東日本大震災で被災した中学生が詞を書いた作品「群青」です。

4月25日に発生したネパールでの大震災の被災者を支援する献金を学園宗教センターと高校の生徒会で呼びかけました。集まった献金を捧げ、宗教委員長による献金の祈りを捧げました。
今年度の花の日礼拝では、広島ご出身の近藤紘子(こうこ)先生をお招きしました。近藤紘子先生は1944年11月にお生まれで、生後8ヶ月で流川教会の牧師館で被爆されました。「平和を作り出すひとたち」~心の中に平和を~、と題するメッセージで、広島に原子爆弾を投下したエノラ・ゲイの副操縦士との出会い、その副操縦士の涙、思いが自分の人生を変えたこと、世界の子供たちが平和を作り出す活動をしている「チルドレン・アズ・ザ・ピースメーカーズ」のことなど、大変情熱を持って語ってくださいました。お話のあとに、原水爆禁止世界大会で公募された「青い空は」を会場全体で歌いました。

礼拝後は各クラスの宗教委員が日頃、お世話になっているいろいろな施設に持ち寄った花を届けました。

1506031

1506032

ページトップへ
ページトップへ