高等学校

SDGs

2019/10/05
「2030年の滋賀と私を考える会議」に参加

10/5(土)に彦根勤労福祉会館を会場に行われた、滋賀県主催の「2030年の滋賀と私を考える会議」に参加しました。
今年の4月にスタートした“滋賀県基本構想”は、SDGsの特徴を活かし、「変わる滋賀、続く幸せ」を基本理念としています。
滋賀に住む私たちが、どんな未来にしたいのか?持続可能な社会の実現に向けて、一人ひとりが何をするべきか。様々な年代の人たち集まって行われたワークショップに参加しました。
「様々な立場、年代、性別の人たちの考えに触れること」「そのような中で、自分の考えをまとめ表現すること」
このような「出会いの場」にこれからも参加していきます。
その積み重ねが、自分自身の「やりたい」を見つけることに繋がるはずです。

191005

<参加生徒の感想>

★普段は会うことのない方々と交流できてたくさんの刺激を受けました。グループディスカッションがすごく楽しくて、2時間では足りませんでした。私は主に、「持続可能なまちをつくるためどうすればいいのか」というのをテーマに話し合いました。話を聞けば聞くほど、話せば話すほど、自分の見えていた世界が広く深くなっていくように感じました。滋賀県のことや、相手の方の考えを知り、自分の考えを見つめ直す機会は本当に貴重な時間でした。また機会があれば参加したいです。
(1年生 女子)

★会社員、福祉、芸人といった様々な職種の方々とお話しできました。みんなが一人一人の目標を持っていましたが、その根底にあるのは人と人とのつながりの大切さでした。人のネットワークをこれから構築していきたいです。
(2年生 男子)

★ 今日の学びは、「認め合う」ことです。たくさんの方と楽しくお話させてもらいましたが、そこには必ず相手の考えや価値観を否定せずに聞けたということがあったからだと思います。どんな人と話すときでもそれをするのが大切だということを、世界中の人にも伝えられたらいいなと思いました。
(2年生 男子)

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
ページトップへ