受験生サイト

高等学校

Topics

2021/04/22
1年生オリエンテーション

■アーツサイエンスクラス(ASC)
ASCデイキャンプ
4/22(木)1限~4限までASCデイキャンプがおこなわれました。
1限は、礼拝堂に全員が集り、『ASCの学び【理論編】』と題して、「聞くあ・い・う・え・お」(相手の目を見て、いっしょうけんめい、うなずきながら、終わりまで)と、「拡散・収束・メタ認知」というASCの学びの基本理論の講義を受けました。なかでも、多様な視点に基づく自由な思考が必要となる「拡散思考」について、「わたしは~」で始まる文章を5分間で20個作るワークをおこなって体感しました。
2限~4限は、『ASCの学び【実践編】』として「ペーパータワー」チャレンジ。20枚のA4用紙を、折ったり切ったり丸めたりしてできるだけ高いタワーを作るという試みです。まず、「いい雰囲気のチーム」「勝てるチーム」にするために必要なことを拡散思考で出し合います。つぎに、出されたアイデアを収束して「チームの3つの掟」を作成します。「常に笑顔でいること」や「全員が発言できるようにする」など、すばらしい掟ができあがりました。
そして、実際にタワーを作成します。各チーム、全員で頭を突き合わせて考えた“作戦”にしたがってタワーを作っていきました。さまざまな形のタワーが出来上がり、拡散思考と、それをまとめあげる収束思考がうまく機能していました。
最後に、振り返りにあたる「メタ認知」をおこない、タワーを高くするための「仮説」、実際にやってみた「結果」、改良するとしたらどうするという「提案」を、i-Padで記録した写真とともにロイロノートのカードにまとめ、クラス全体に発表しました。
このあと、生徒たちは同じプロセスをたどって「ストロータワー」にもチャレンジし、「拡散・収束・メタ認知」という課題解決の過程を体感し、そのなかで「聞くあ・い・う・え・お」を体得していきました。3年間のASCの学びのスタートにふさわしい4時間でした。

 

 

■グローバルクラス(GLC)
グローバルクラスでは、3つのミッションにチャレンジしました。言葉だけで伝えて見本と同じ形のLEGOを作る「LEGOチャレンジ」、1文字ずつ書かれた紙を意味が通るように並べ替える「メッセージ大作戦」、大きなドミノを完成させる「The DOMINO」―これらのミッションを通して、お互いの声に耳を傾け、それぞれの得意分野を知り、クラスの連帯感が生まれた時間となりました。

 

■国際コミュニケーションクラス(ICC)
ICCのオリエンテーションは、①高校生活スタート!、②高校での学習とは?、③英語をとことん勉強するぞ!、④先輩たちとつながろう!の4つ目的に沿ったプログラムを実施しました。ノンストップ単語道場、先輩とゲーム、辞書とのうまい付き合い方等々、ICCでの3年間の生活を充実させるために必要なノウハウをギュッと2日間のプログラムに詰め込んで実施しました。

 

ページトップへ
ページトップへ