ごあいさつ

ふるたか虹のはし保育園 園長 増田克彦

2019年4月1日、守山市立古高保育園の後を受けて開園をいたしました。歴史ある古高保育園の保育内容を引き継ぎながら、ヴォーリズ学園が培った保育を新たエッセンスとして加え、より豊かな保育環境を創造してまいります。

保育・教育は子どもたちにいっぱいの愛情をそそぎ、安心して生活できる環境を整えること、そして子ども達の持っている可能性、賜物(たまもの)を様々な機会を通して最大限引き出せるように導くことが大切であると考えています。当法人の出発点でもある近江兄弟社幼稚園の創立者の一柳満喜子は幼児教育の大切さを唱え、いち早く3歳児からの教育を実践した先駆者です。一人ひとりの個性を尊重しつつ、人生の基礎を築き上げる大切な時期を、子どもたちにしっかり寄り添い、子どもたちの将来につながる良い生活習慣を身につけるよう取り組んでまいります。

ページトップへ

ふるたか虹のはし保育園