受験生サイト
image

教科の学び

学びたい気持ちを大切にする学習サポート

各定期考査1週間前には、5教科(国語・数学・英語・理科・社会)について、必要な生徒を対象に、補習を実施しています。質問をしやすいように20名弱の少人数による補習授業です。これ以外にも、自主参加の放課後自習会や教師が待機する質問ルームなど、テスト前のフォロー体制の充実を図っています。

image
image

八田和晃 先生

国語

国語、日本語、国語演習(3年生のみ)の3科目に分けて授業を展開しています。

「国語」という大きな科目を「国語」「日本語」「国語演習(3年生のみ)」の3種類に分けて授業を展開しています。「国語」は読解力を高めることを目的とし、教科書を中心に授業を行います。毎時間、漢字小テストを行い、語彙力の伸長をはかっています。「日本語」は口語文法や漢字の成り立ち、硬筆書写など幅広く学習します。「国語演習」は習熟度別クラスで授業を行い、「正しく読めば、必ず答えは導ける」をテーマに読解力を養います。

image

野田崇央 先生

社会

地理、歴史、公民の分野をICT機器を利用して授業を展開しています。

地理分野では、地図やグラフ、資料の読み取りを積極的に行い、その背景を考えて表現する力を伸ばす学習を多く取り入れています。歴史分野では、視覚教材を取り入れて、様々な視点からイメージを深められるような学習をしています。公民分野では、他者と意見を共有し合うような活動を取り入れ、社会に対して幅のある人間を育成するように取り組んでいます。夏期学習会では発展的な内容を学んだり、フィールドワークなど校外学習で視野を広げます。

image

中島晃貴 先生

数学

小テストなどで定着を確認しながら授業を展開しています。

算数から数学に変わり、なぜこうなるのか?という疑問を大切にし、途中の考えを大切にしています。式や文章で順序立てて表せるように学習していきます。家庭学習ができる課題をiPadに配信し、予習や復習をしています。また、「グループ学習」をして、生徒同士の学び合いを大切にし、定着するまで取り組みます。小テスト等を活用し、演習の時間を設けて、一人ひとりの学びを大切にしています。

image

米田直子 先生

理科

基礎内容を大事に、ポイントを整理した授業を展開しています。

目的意識をもって多くの観察・実験に取り組み、「観る」・「知る」を科学的にとらえる学びを実践しています。しかし、観察や実験には失敗がつきものです。失敗から学び、工夫し「考える力」をつけることや班活動を通して、仲間とわからなかったことがわかる喜びを分かち合うことから、「学ぶ」楽しさを体験できる機会を大切に授業に取り組んでいます。さらに、単元毎の問題演習で基礎学力を身につけ、入試問題演習などで実践力を養います。

image

西堀結衣 先生

英語

視覚的に分かりやすくイメージしやすい授業を展開しています。

英語を「ECⅠ」、「ECⅡ」に分けて学習します。「ECⅠ」では教科書を使い、読む、書く、話す、聞くの4技能をバランスよく学べる活動を取り入れています。基礎から進めていくので、まだ本格的に英語を学習したことがない人も楽しく参加できます。またICT機器を利用し、生徒間の考えを視覚的に分かりやすく共有できるようにしています。「ECⅡ」ではネイティブスピーカーと日本人英語教師によるTeam Teachingを行っています。生徒の気持ちを大切にし、個人、ペア、グループなど様々な形で英語での表現力を磨きます。

ページトップへ
ページトップへ